読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺社仏閣に馳せる思い

魅力的な寺社仏閣を備忘録的に綴るブログ。

海外の仏教寺院 アンコール・ワット(カンボジア)

f:id:shimakoh1108:20131111145422j:plain


大きな地図で見る

 

アンコール・ワット(Angkor Wat Basin)はカンボジアのアンコール遺跡に残る寺院建築です。

サンスクリット語ではアンコール・ワットは「王都の寺院」という意味がありますが、実際にこの寺院は12世紀のアンコール王朝・スールヤバルマン2世の時代に建築されたものといわれています。

アンコール王朝が衰退したあとは忘れ去られていた時期もあったものの、再発見後には未完成部分の建築も進められて現在のような形になりました。

なお、1992年に「アンコール遺跡」の一部として世界文化遺産にも登録されています。