寺社仏閣に馳せる思い

魅力的な寺社仏閣を備忘録的に綴るブログ。

秋葉原 神田寺

神田寺(かんだでら)は室町時代に創建された法禅寺と、江戸初期に創建された安民寺を前身とする浄土宗のお寺です。明治期以降は神田に寺院がなかったことから、全日本仏教会創始者であった故友松円諦師によって千代田区外神田の現在地に創建されました。

 

当寺の前身である法禅寺は臨海山遍照院と号し、徳川将軍家とゆかりの深い芝増上寺の末寺に当たる浄土宗のお寺です。至徳元年(1384年)に言譽定賢により創建され、東海三十三観音霊場の一つとしても知られています。もう一方の前身である安民寺は、関東十八檀林の一つである霊巌寺の学寮として創始されました。

 

法禅寺、安民寺は明暦の大火、関東大震災第二次世界大戦で焼失し、数度の再建や移転が行なわれています。大戦後の昭和22年(1947年)、故友松円諦師の「都心部仏教を布教したい」の想いを受け、外神田に地名を名乗る神田寺を建立したのがお寺の始まりです。

 

神田寺のご本尊は木造の阿弥陀如来坐像です。お寺では開創から600余年を経て、宗祖である法然上人の慈恩に深く思いを致し、「法灯の護持に一段の精進を持って臨む」としています。

 

神田寺の年間行事としては1月1日の「修正会」、3月20日の「彼岸会」、4月8日の「花まつり」、11月15日の「遊行会」などがあります。秋葉原駅からほど近い場所にあるお寺ですので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。