寺社仏閣に馳せる思い

魅力的な寺社仏閣を備忘録的に綴るブログ。

「運命のタンス」 東京都台東区 浅草寺

東京都台東区にある「浅草寺」(浅草寺)。

浅草寺は、1400年近い歴史をもつ観音霊場である。寺伝によると、ご本尊がお姿を現されたのは、飛鳥時代推古天皇36年(628)3月18日の早朝であった。引用:浅草寺公式サイト

といいますから、相当歴史のあるお寺です。

 

以前雷門のことをご紹介したことがありますが、今回は年始ということで、浅草寺のおみくじの引き方をご紹介したいと思います。

 

こちらのおみくじは、おみくじ箱から直に引くものではなく、お金を払ったら2段階のドキドキ感があります。

まず小さなタンスのようなおみくじ箱を目指してください。

浅草寺のおみくじタンス

このタンスが・・・!

その前に銀色の金属筒が置いてあります。

振ると・・・「大吉!」とは書いていない、番号が書いてある棒が出てきます。

 

何番か確認したら、そのタンスのような番号が書かれている引き出しを開けます。

なんだか厳かな風情でおみくじが仕舞われていますから、1枚取り出したものがその年の運勢というわけです。

 

以前、一緒に行った友人がみごとに「大凶」を引き当てていたのをよく覚えています。

こんな可愛い小づくりなタンス…と感心していたのに、容赦ない結果でびっくりしてしまいました。

 

タンスといえば、自分のものなら何が仕舞ってあるか覚えているものですが、これは「運命が仕舞われているタンス」という感じでなかなかスリリングなタンスでした。